写真の現像

野鳥撮影もRAWでとって現像しよう♪

RAW形式で現象

みなさんは、写真を撮る際カメラの設定でファイル形式をJPEG形式に設定されていますか?

それとも、RAW形式に設定していますか?

ちなみにわたしはRAW形式で撮影しています^^ RAWで現象したあとJPEGに変換してブログやSNSにアップしています♪

高級コンデジ、ミラーレス、一眼レフであれば写真を撮る際、RAW形式で保存することがほとんど可能です。でも、めんどくさいから等の理由はJPEGの方はたくさんいるようです。

また、「そんなに画質、変わらなくないよね?」という方もいらっしゃると思います。

なぜRAWなのか?

なぜRAWなのか?JPEGとRAWの違いなどついてはネットで検索するとかなりのサイトがヒットされます。私もたくさんのサイトでいろいろと学びました^^

当サイトでも野鳥用に説明をいれて「RAW現象」について記事を随時アップしたいと思っています。そんなカメラの基本が、飛び抜けて分かりやすくて素晴らしいサイトがありますので、今日は最初にそちらを紹介します。

「スタジオ9」の中原さんが管理されているスタジオ9公式サイトです。

中原さんは「写真をもっと、あなたのそばに」をテーマに、カメラに使われるのではなく、カメラと友達になる方法を広めるために活動中のフォトグラファーです。

今回のRAWファイル以外についてもカメラについての知識はすべてここで揃います。

RAWについてはここに詳しく書いてあるよ↓

こちらのサイトの管理者はずっと昔にわたしも何度かお世話になった中原さん。(みなさんからは9(キュー先生)と呼ばれています♪)人柄もとても素敵で優しい方です♪

と個人的にめっちゃ推しています(笑)

今日はRAW現象をする前に「RAW現象とは?」や「なぜ?」を解決するために、中原さんのサイトを紹介させて頂きました♪

RAW現象(トーンカーブで補正編)

RAWで撮ると中原さんのサイトにも書いてあるとおり、コレ!っていうくらいメリットのほうがたくさんあります。

(「えーでもやっぱめんどくさーい!」っていうと本当にそうかもしれないけど・・)

今日は、さらっと簡単にトーンカーブで編集する方法を掲載したいと思います。

先日撮ったカワセミのパパ(少しくたびれてるけど笑)をRAWで現象してみました♪

トーンカーブで編集

野鳥は、思う所にいてくれないので、撮影時光の加減を考慮するのがとても難しいです。

カメラの設定を考えてもどうしても明るくなったり暗くなったりしてしまいます。

人物のポートレートは光を選んで一番いい環境を作って撮影に挑みますが、それでもそのあとの現象は100%必須作業です。

自然相手の写真はその真逆ですので尚更現象が必要ですね^^

カワセミのパパ(補正前・補正後)

野鳥の写真をAdobe Lightroomで「トーンカーブ」を使って現象しました。

トーンカーブとは・・・・

写真の明るさや明暗の比率(コントラスト)を自由に調節するためのもの。

<下の写真の真ん中を左右に動かしてね>

上記の写真のトーンカーブ設定

まっすぐだった線(点線)を基本にカーブした白い部分が変更部分です。

トーンカーブのいい所は明るいところはそのままで、暗いところだけど明るくしてくれるところ。

葉っぱの部分は明るいので、「露出」や「明るさ」の設定で明暗を操作すると白とびなど写真全体の明るさが変わってしまいます。

トーンカーブではなく「露出」設定を明るくした場合

明るくしたくないところまで明るくなる

→→→葉っぱの部分

暗いところをもっと明るくすると白とびが発生する

→→→カワセミの部分を明るくすると葉っぱがもっと明るくなる

カワセミ君が少し暗いです。

補正するときはトーンカーブで補正するのがおすすめです♪

→とはいえ、白とびな黒つぶれがない写真であれば露出などで調整ももちろんですがありですね(^-^)

ノイズ除去

またノイズも簡単に綺麗してくれます♪

先ほどのトーンカーブで設定した写真に以下のノイズ除去の「輝度」の値を上げます。

ノイズ除去後の比較写真

野鳥の場合、低感度(ISO100-200)に設定したくてもできないことの方が多く、ノイズはなかなか避けて通れないです。

私は基本ISOを自動にしているので暗いところはかなりノイズが入ります。この機能はかなりいいですね^^

トリミングした最終版

上記のトーンカーブとノイズ除去の設定を変えて最後にトリミングをしJPEGに変換しました。(少し暗めの写真になってます^^)

画像をクリックすると大きな高画質の写真がみることができます。

今回はトーンカーブはこんなかんじだよとあっさりと行きましたが、トーンカーブは本当に素晴らしい機能ですので、もう少し踏み込んで次回は掲載したいと思います。(今回はすこし作例が地味でごめんなさいө˶)

おまけ情報♪

スタジオ9の中原さんがプロデュースしている超かっこいいリュックがあります。

かっこいいだけじゃないから悩みます・・・ө˶)

リュックの機能が素晴らしい・・・・・❤️(私にとっては高価^^;)

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. アバター あきぽん より:

    隊長、勉強になりましたφ( ̄▽ ̄)メモメモ
    おれもRAWで撮ってますが現像はあまり得意じゃないので分かりやすかったです。こんどはトーンカーブでやってみます♪
    今度はレンズにぴょん吉先生がのってるんですね(≧▽≦)
    めっちゃ可愛いです!

    • Wildbird_Keiko Wildbird_Keiko より:

      あきぽんぽん、いつもありがとうございます😊ドーンカーブわかりずらいですよね。
      でも必須アイテムなので時間あるとき唸りながらやってみてください(*^_^*)

      ぴょん吉、ひろしから抜け出してレンズに止まったケロ🐸

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です